海外に住む人なら理解してもらえるだろう、手に入る日本語の本はとにかく何でも読んでみる、という経験。自分の好みとは関係なく読み散らした本について書き散らす備忘録的ブログ。パリ在住なのでフランス語の本も多数。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
Annie Cohen-Solal 「Leo and His Circle: The Life of Leo Castelli」
 これはアート市場とかアートブームとか作品がどうやって商品になってくか、ってことに興味がある人にはおもしろい本。サルトル専門家として有名なAnnie Cohen-Solalは、若い頃在米フランス大使館の文化部門を牛耳ってたらしく、そのときにレオ カステリと親交を深めたそう。

「「ギャラリスト」という職業を創った男」と呼ばれるレオ カステリは、50歳を過ぎてから本格的に自分のギャラリーをニューヨークに持って、当時アメリカ中を支配していたポロックやロスコーに代表される抽象表現主義のあとに来るポップ アートの立役者の一人。というかポップアートを商業的に成功させたのはこの人と言えるんではないでしょうか。

ちょうど去年の今頃フランス語版が発売されたときに手に入れて、それからちょこちょこと読んだり、だだーっと読んだり、挫折して読むのをやめたりした本。なぜ一度挫折したかというと、結構長いこの本の前半部分はずっとレオの少年時代、というか彼が育ったイタリアのトリエステの歴史的ポジションやら、レオの両親のことなんか、「うーん、微妙に興味ないかも」ということが多くてやめてしまった。私が働いているギャラリーのボスに「カナ、レオの本読んだ?」と聞かれて「いやー、それが最初のとこで挫折してしまってー」と正直に言ったら、「あーそうかも。私たちの年代のヨーロッパ人には興味深い部分でも、カナにとっては違うかも。ニューヨークのとこから読んだら?」と言われ、ニューヨークのところからもう一度始めてみた。というかほんの少しさかのぼって、パリのヴァンドーム広場でレオが友人とギャラリーを始めたところから読み始めた。

私は前に一度、クロード ベリがレオ カステリをインタビューしたドキュメンタリー映画の会話が文章にしてある本を読んだことがあったのと、もちろん現代アートの世界に端っこのほうながらも関わっていく上でレオ カステリの存在はすごく強くて、彼が成したこと、彼の性格なんかを聞いたことがあった。でもやっぱりきっちりと伝記を読むのは全然違う。もちろんどの伝記でもそうなんだろうけれど、レオ自身の人生だけではなく、その時代背景や社会の反応などもすごくわかりやすく盛り込まれていて、とてもおもしろかった。それこそラウシェンバーグとジャスパー ジョーンズの日常だったり、彼らとレオの最初の出会い、ポロックが大酒飲みだったこと、アルフレッド バー Jrがどんな風にMOMAを創ったか、ニューヨークがどのようにして芸術の首都にのしあがったのか、ベネチアビエンナーレでの賞レースなどなど。作品を見て、美術史を勉強して、そういうことはもちろんアートに興味のある人ならしていると思うけれど、その背景を知るともっと面白い。そしてそれが現代アートに関していうならば、「自分はそのときまだ何歳だったなあ。」なんて同時代の話なので非常に実感が湧くし、写真なんかのアーカイブや証言の量がずっと豊富でおもしろい。

私は数年前に生まれて初めてニューヨークに行った。そのときは私の働くギャラリーからの出張で、もちろんボスもいたし、他のギャラリストなんかも一緒で、「ニューヨークが初めてのカナを案内するアートツアー!」みたいな感じになっていた。有名なギャラリーの歴史や、誰と誰がいつごろつき合ってたなんていうゴシップネタまで満載で、おもしろい話がたくさん聞けたわけやけど、そのなかでもやっぱりレオ カステリの存在は大きかった。「ここがレオがSOHOに開いたギャラリーね。ほんで○○階にソナバンドが入ってて、、、」「レオがSOHOに行く前はここでやってたのよ、ギャラリー」だとか、「彼女は昔レオとつき合っててね」とか。そうね。私にとってはもう大昔の偉人のように感じるけれど、彼と一緒に仕事をした人なんてまだまだ五万といるくらい、彼は私の同時代人なんだ。と実感した。レオ カステリがいなくてもニューヨークのアート界は存在するけれど、レオ カステリがいたからこそあるニューヨークのアート界っていうものも確実に存在する。


| 10:46 | アート | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
はじめまして 在パリえみこです。前から気になっていた本ですが中途挫折間違いなしと思い買わなかった経緯あり。さっそく注文しました。NYに住んでいたころお見うけしたことがあります。トリエステ出身なのですね。私の好きな町です。
| | 2010/09/10 13:36 |









 
この記事のトラックバックURL

http://kanaparis.jugem.jp/trackback/117