海外に住む人なら理解してもらえるだろう、手に入る日本語の本はとにかく何でも読んでみる、という経験。自分の好みとは関係なく読み散らした本について書き散らす備忘録的ブログ。パリ在住なのでフランス語の本も多数。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
吉本ばなな 「白河夜船」
評価:
吉本 ばなな
新潮社
¥ 420
(2002-09)

 もうはっきり言ってしまうけど、本当に何も覚えてない。記憶にない。
いつ読んだのか(もちろん2010年の前半ということはわかっているけれど)、それさえもあまり覚えていません。
でも吉本ばななだからね、星は4つ以下になることはないのだ。
とにかくいつもどおり、死がただよってた。とても美しく。静かに。
それだけはちゃんと覚えてる。それだけでいい気がする。
| 21:17 | 日本 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://kanaparis.jugem.jp/trackback/135