海外に住む人なら理解してもらえるだろう、手に入る日本語の本はとにかく何でも読んでみる、という経験。自分の好みとは関係なく読み散らした本について書き散らす備忘録的ブログ。パリ在住なのでフランス語の本も多数。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
Fabrice Humbert 「L'origine de la violence」
評価:
Fabrice Humbert
Serpent's Tail
¥ 1,579
(2011-07-07)

数年前にFabrice Humbertの「Autoportraits en noir et blanc」を読んだのは、この「L'origine de la violence」が当時話題になっていたので、とりあえず同じ作家の別の作品を読むことにしたからだった。で、いまになって「L'origine de la violence」を図書館で見つけたので読んだ。フランス語が原語の本なのに、日本のアマゾンにはフランス語ではなくて英語訳しか売ってないみたい。そういうもんなんかな。

私はやっぱり話題になった今回の本のほうが断然おもしろかった!しかし夫はこの本を読んでもいないくせに、「えーーAutoportraits en noir et blancめっちゃおもしろかったけどー!?」と言われて、まあ好き嫌いがあるということやね。

ドイツ語だかフランス語だかの先生をやってる主人公が、生徒達と修学旅行みたいなので行ったドイツの強制収容所である写真を発見し、自分の出自に疑問を持って家族との関係を見直していくっていう話。

こう書くとなんだかごちゃごちゃした向田邦子系メロドラマかと思われるかもしれないけど、全然逆。私が好きだなって思ったのは、主人公と父親、父親と祖父、そして主人公と祖父、という男性間の家族の関係ややりとり。男同士ってこんなかんじだろうな、と思わせる空気感が文章から溢れてて、すごくしっくりくる。登場人物のキャラクター設定もきちんとしてあるし、主人公を囲むブルジョワ家族の感じとか、いわゆる私たちが「戦争」という言葉で最初に頭にのぼる第二次世界大戦のあとから数えて、三世代目にあたる30代から40代の私たちの、戦争や世で言われる戦犯や戦災者、に対する偽善的ではない本当の気持ちというか、距離感というか、そういうのがとても現実的に、気負うこと無くうまく描かれていると思う。

そして後半になるにつれて、タイトルと内容がどんどん巧みにからまってきて、サスペンスでもなんでもないんだけどどんどん読み進む。おもしろい本でした。


| 19:05 | フランス | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://kanaparis.jugem.jp/trackback/159