海外に住む人なら理解してもらえるだろう、手に入る日本語の本はとにかく何でも読んでみる、という経験。自分の好みとは関係なく読み散らした本について書き散らす備忘録的ブログ。パリ在住なのでフランス語の本も多数。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
Truman Capote/トルーマン カポーティ 「In Cold Blood/冷血」
評価:
Truman Capote
Gallimard
¥ 5,392
(2006-02-06)

評価:
トルーマン カポーティ
新潮社
¥ 940
(2006-06)

 おもしろかったーー!!トルーマン カポーティの冷血。フランス語で読んだのでタイトルはDe Sang Froidでした。

読者には最初から誰が犯人かわかっていて、まあいわばその犯人たちの逃亡劇というか、なんとも間の抜けたやる気のない穴だらけの逃亡ルートを追い、私達読者は「でも動機は何?」と不思議なのでどんどん読み進んでいってしまう本。

殺人から始まるお話ですが、ミステリーやら推理やらそういうものではなく、まさに社会派小説とでも言うのでしょうか。アメリカの半端ない格差社会、もがいてももがいても上がれない階級、何かを最初からあきらめているような、犯罪に対する現実味のなさ、などなど、実際に起こった殺人事件を元に1965年に発表されたこの小説から読み取れることは、現代の世の中と何も変わっていないな、と思い知らされます。そしてまた、日本はまだまだここまでじゃないかもしれないけど、アメリカは60年代からこうだったのか、、、とびびった。

とにかく小説とは思えないおもしろさ。是非読んでみてください。
| 15:40 | アメリカ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://kanaparis.jugem.jp/trackback/175