海外に住む人なら理解してもらえるだろう、手に入る日本語の本はとにかく何でも読んでみる、という経験。自分の好みとは関係なく読み散らした本について書き散らす備忘録的ブログ。パリ在住なのでフランス語の本も多数。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
歌野晶午「白い家の殺人」
 鮎川哲也の二冊と共に貸してもらった小説。

「いかにも!」って感じのタイトルの推理小説。何年に書かれたんだろう?と調べたら1989年だった。80年代後半の推理小説の流行がわからないんだけど、この小説なんかは少し時代錯誤な感じは既にしなかったのかな。とにかく2012年に読んだ私にはもう笑っちゃうくらいの時代錯誤の推理小説というか、まるで昼ドラを見てるような現実的でない華麗なる家族構成とか人物描写と、既に見た事読んだ事があるようなありがちな内容によるデジャブ感に少し辟易しながらも、それが逆にドラマで人気俳優が演じてるのを妄想して読んだので心で笑いながら楽しく読んだ。

館内で人がどんどん死んでいってるのに皆がその建物にとどまって何日も過ごすのとか、結構みんな平気そうなところとか、探偵役の主人公を呼ぶ友人役の大学生の言動がこんな非常時なのにあまりにもちゃらんぽらんで、読んでるこちらが恥ずかしくなったりと、元来の推理小説とは異なる別の面白みがある。

そして最後の謎解きはうーん、納得!とはならず、「それやったらなんでもアリやったやん!」と読者の推理どころではない無理矢理感溢れる結末で、脱力。

| 16:06 | 日本 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://kanaparis.jugem.jp/trackback/180